相続手続き期限は税と相続放棄だけじゃない?

相続手続き期限を煽られ財産目録開示なしで遺産分割協議書に押印しちゃダメなの?人生が狂う大穴が恐ろしい

yukkurisouzoku

相続放棄手続き

相続放棄するには相続放棄手続きが必要です

相続放棄手続きの方法は

相続放棄は家庭裁判所で相続放棄手続きの申請をして承認される必要があります

相続放棄は単純承認が普通の相続

家裁への申請が必要な相続放棄限定承認があります

相続放棄

相続放棄には手続きが必要です。
カンタンな書類ですが、提出先は家庭裁判所のため
厳格な書式要件を整えることが求められます
相続放棄手続き
相続放棄するには相続人が特定できる戸籍関連の書類が相続放棄手続きでは重要です
誰が相続人であるか?
相手は家庭裁判所ですから、故人の相続人は誰であるか?
相続人に漏れが無いように徹底的な資料集めをしなけらばなりません。
故人である被相続人の出生から逝去まで
連続した記録が確認できる戸籍謄本を提出します。

相続放棄手続きの方法は

相続放棄は家庭裁判所で相続放棄手続きの申請をして承認される必要があります
専門家の気軽な相続サポートへメール相談してみる方法もあります

相続放棄

相続放棄は単純承認が普通の相続
家庭裁判所への期限内申述と受理が必要な相続放棄と限定承認があります

単純承認

権利や借金債務など、
プラス財産だけでなく
債務超過であても個人の資産を全部引き継ぎます。
債務超過であれば、債務を返済する必要があります。
義務や権利などを一切引き継ぎません
初めから相続人でなかったことになります。

限定承認

相続人が相続で得た財産の限度で債務負担を受け継ぎます
債務超過であれば負の遺産は引き継ぎません
相続資産がプラスであればプラス分だけ相続します。
限定承認や相続放棄は、相続開始を知った日から3か月以内に
家庭裁判所に申述しなければなりません

相続をどうするか?

単純相続か限定承認か、あるい相続放棄するのか?
判断するために被相続人の財産等を調査する必要があります
例えば、不動産の評価額を知るためには
不動産一括査定サイトで評価額を調べてから
相続をして売却する、あるいは債務超過になっているから限定承認をするのか?
決める方法は手堅い王道の一つでしょう。

不動産相続売却

不動産相続で売却する?
不動産を売却するならどうする?
家や戸建て住宅・マンション・土地など不動産相続は売却した方がいいケースが多い
単独で相続すれば、それはそれで不動産を活用する手もあるでしょう!
でも今、オリンピック前の2019年後半は
既に不動産価格はピークを売っていると言えます。
新築マンションの供給戸数は減少気味であり
在庫も少なからずあります。
バブル期のように今後、右肩上がりで不動産市場が活況を得ることは無い、との考えが主流を占めています。
もちろん不動産会社やその営業担当者は、
不動産市況を強含みで解説してきますが・・・

相続不動産

近隣の不動産相場
これ等の価値が直ぐにわかれば、一番理解がしやすいですね・・・
現金なら、その価値は数字を見るだけで判断できます。
この不動産っていったいいくらで売れるの?
端的な表現ですが、
この不動産いくらなの?
素朴な表現であり、一番大切なポイントです。
親兄弟から相続した相続不動産をどうするのか?
同居してそのまま住み続けるなら売却の必要はありませんが
故人がご高齢のケースでなくとも
すでに子供たちは独立した家庭基盤を確立しているなら
相続不動産は空き家になるケースが多く
維持管理費用や固定資産税も毎年課税されてきます。
また、空き家にでもなれば近隣からの苦情も発生し
今までの居住者であるご両親などが築き上げた人間関係も壊れかねません。
まして共有不動産として相続登記すれば
不動産が揉め事の種にもなりかねないのです。
長期的な係争や悩みの種は
不動産相続と同時に売却による現金化で解決できるケースが多いのも現実でしょう
親族との話し合いに
相続不動産の売却予定額を提示する事のより
成立しにくい遺産分割協議も早期解決できるかもしれないですね!
不動産の一括査定で売却額を把握してみる方法はコレ!
不動産売却 一括無料査定はコチラ←

ohana

不動産相続

不動産を相続すると相続した不動産の登記が必要になります 不動産相続に必要な書類 不動産相続にかかる費用 遺産分 […]